We are what we eat

私たちの体は食べるものからできています

なぜ、みかんはすぐに腐っちゃうの?

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。今年は元旦早々早起きして、多摩川に初日の出を拝みに行ってきました。

f:id:vegifurmiporin:20160102122437j:plain

綺麗ですね。本日のテーマの「みかん」みたいですねー。ってかなり強引に今日のお題に結びつけてみました💦

そう、みかんの季節ですね!

みかんは、トマトの2倍カロテンを含むと言われる、冬場の貴重なビタミン源。我が家では、みかんの生産量日本一を誇る和歌山県より、毎年箱買いをしています。

f:id:vegifurmiporin:20160102125319j:plain

でも、箱買いすると、必ず4〜5個は、あっという間に腐ってしまい、泣く泣く捨てるハメになります。

なんで、みかんてすぐに腐っちゃうの?

みかんは傷ができると、そこから雑菌が繁殖し、隣り合ったみかんに移りどんどん腐っていってしまいます。それが、あっという間にみかんがカビてしまう要因のようです。でも、この傷、どこでつくのでしょうか?

  1. 木になっているときに葉っぱや枝、虫や鳥などに傷つけられる
  2. 収穫時、選別時、運送時などにみかん同士がぶつかったり、潰され合って傷つけられる

ということで、みかんの傷は、実は私たちが購入する前についてしまうもののようなので、私たち生活者にどうにも防ぎようが無いものですよね。

保存方法でなんとか腐るのを防げないのでしょうか?

みかんに傷がつくのは防げないのならば、せめて腐らせてしまうことは、保存方法で防いでいきましょう。

 

我が家のように、みかんを箱買いした場合は、まずは箱からぜーんぶ出して傷のあるみかんが無いかをチェックしましょう。輸送時に潰れてしまったと思われる割れたみかんを見つけたら、まずはそのみかんから先に頂いていきましょう。

 

その後は、ちょっと一手間かかりますが、段ボールの中で、新聞紙の上にヘタ(緑色のポチっとしたへそのような部分)を下にした状態でみかんを並べていき、一段ごとに新聞紙を挟んでいき、みかんと新聞紙のミルフィーユを作ります。

 

並べ終わったら、箱のフタは開けっ放しにして風通しの良い状態にして、比較的涼しい場所に常温で保存します。

1日に必要なビタミンCはみかん3個分!

空気が乾燥してきて、風邪やインフルエンザが流行る季節になってきました。手軽にビタミンCを補充できるみかんを食べて、この冬は風邪知らずで過ごしたいですね。

 

We are what we eat......私たちの体は食べるものからできています。

1日350グラムの野菜を食べましょう♪

 

f:id:vegifurmiporin:20140311223352g:plain

 

We are what we eat......私たちの体は食べるものからできています。

1日350グラムの野菜を食べましょう♪

 

f:id:vegifurmiporin:20140311223352g:plain

follow us in feedly

お読み頂きありがとうございます。日々ブログ更新をしているので、Feedlyで登録頂けますと嬉しいです。