We are what we eat

私たちの体は食べるものからできています

「ロジカルベランダ菜園」@銀座に参加して学んだ3つのこと!

先週の日曜日(2015年3月22日)、勝間和代さん主催の勝間塾の塾生であり、且つ野菜ソムリエでもある、ほのかさんの「ロジカルベランダ菜園」に参加してきました。

f:id:vegifurmiporin:20150329091636j:plain

  

銀座でベランダ菜園???

なんかこのギャップいいですよね。銀座のビルの屋上で優雅にベランダ菜園をするのかと思ったら、そうではなく、こんなおもしろい場所で行いました。

広い店内では、時間辺りで間借りできるスペースが幾つもあり、その日も、私たちだけではなく、英会話の講座を行っている方々や、黙々と自習をしていらっしゃる方がいらっしゃいました。

 

食用ほおずき「キャンディーランタン」に挑戦!

「ほおずきって食べられたんだー」っというのが私の感想でした。お彼岸の時のお飾りのイメージや、小さい頃、ほおずきの実を膨らまして音を鳴らして遊んだ記憶があったので、どちらかというと、観賞用かと思ってましたが、今回は「食用のほおずき」とのこと。ということで、「ほおずき」について調べてみました。

f:id:vegifurmiporin:20150329094646j:plain

 

ナス科ホオズキ属の多年生

ナス科というと、代表的なものでトマトやナスが属する科になりますが、どうやらその仲間のようです。確かに、似てますね。

f:id:vegifurmiporin:20150329092436p:plain

 

食用ほおずきの特徴は?

  • 完熟青果はまるでマンゴー!!のような味と香り
  • 糖度12〜16度の驚きの甘さ!(比較:いちごの「とちおとめ」9〜15度)
  • ジャムやお菓子に最適!

私の大好きなマンゴーのような味!とあれば、絶対食してみたいですねー。

 

「ロジカルベランダ菜園」で学んだ3つのこと!

1.  土が大事!

お恥ずかしながら、野菜ソムリエの実習で、プランターで野菜栽培をするまで、野菜を栽培する時の土というのが、「大事だ!」なんて知りませんでした。なので、園芸店で購入した土の柔らかさ(ふっかふっかでした)にはホントに驚きました。今回も、「土」の大事さを学びましたが、まとめると

  • 固相(岩石が非常に細かく砕かれた物):40%
  • 気相(空気やガス類が含まれている部分):30%
  • 水相(水分が含まれている部分):30%

がバランス良くそろっていると「良い土」と言われるそうです。

 

2.  温度

それぞれの種には「撒き時期」というのがパッケージに記載されているので、その「撒き時期」に合わせて種まきをすること!とのこと。暖かくなる3月以降は、多くの種の撒き時期のようです。下記はトマトの例です。ちなみに、東京は「暖地」に該当するとのことでした。

 

f:id:vegifurmiporin:20150329094553p:plain

 

3. 日光

今回は「ベランダ菜園」ということだったので、マンションやアパート住まいを想定していたと思います。なかなか都会のベランダでは、日光がサンサンと入ってくる状況は難しいと思いますが、午前10時までの日光に当てるようにすると、光合成を活発に行う強い光を取り込めるので良いとのことでした。

 

1週間経過しましたが・・・

まだ、私の「ほおずき」くんは芽を出す気配が無いのが心配です。確か発芽率が70%ぐらいだったような・・・。頑張って発芽してくれよ!私の「ほおずき」くん!!

f:id:vegifurmiporin:20150329093743j:plain

 

 

 

 

We are what we eat......私たちの体は食べるものからできています。

1日350グラムの野菜を食べましょう♪

 

f:id:vegifurmiporin:20140311223352g:plain

 

We are what we eat......私たちの体は食べるものからできています。

1日350グラムの野菜を食べましょう♪

 

f:id:vegifurmiporin:20140311223352g:plain

follow us in feedly

お読み頂きありがとうございます。日々ブログ更新をしているので、Feedlyで登録頂けますと嬉しいです。